肉の切り落としとこま切れの違いを知っておく

肉には色々な種類があって似ているものもあり、素人にはよくわからない場合もあります。
例えば切り落としとこま切れは似ているけれどどこが違うのかはなかなかわからないという人もいます。例えば切り落としの場合は材料に使った部位の名前が入っていることが多いです。肉をスライスしたとき、スライスを作ったあとの残りを細かくスライスして作ったせいです。
切り落としは小さなスライス肉なので大きさはまちまちな状態ですが厚さは一定になっています。一方、こま切れは特定の部位の残りではなく、いろんな部分の端切れを詰め込んだものなので厚さが一定していないことが多いといいます。この違いがわかれば料理をするときにもどちらを選べないいのかを判断しやすくなります。仕入れ担当者必読!高コスパの豚ナンコツを居酒屋で売る秘策4つも参考になるでしょう。

美味しい肉を仕入れることができる専門店だけではなく、最近はスーパーなどでもその肉専門のコーナーを作っておすすめしているところもあります。ネットなどで仕入れることもできるのでとても便利です。
色々な素材を手に入れることができるので料理をするときにも豊富な材料をそろえることができます。
例えば切り落としを利用した料理には、切り落としを丸めて酢豚を作ったものもあります。材料は2人分で豚切り落とし肉200グラムほど、醤油、酒各小さじ1、生姜チューブ小さじ2分の1、片栗粉は適量、赤、黄パプリカ各大4分の1個、ピーマン1個、オクラ2本、セロリ1本、玉ねぎ4分の1個、しめじ2分の1パック、人参3分の1本、サラダ油大さじ1と少し、砂糖、醤油、酢、水を各大さじ2、鶏ガラスープの素小さじ1、片栗粉小さじ2、そして水大さじ1を用意します。

作り方はシンプルです。豚肉に醤油、酒、生姜チューブ を揉み込んで箸で1枚ずつ塊にしておきます。野菜はそれぞれ一口大に、人参は火が通りやすいように3、4ミリの薄切りにしておきましょう。豚肉に片栗粉を軽くまぶしてサラダ油大さじ1で転がしながらこんがりと炒めたら取り出します。次にフライパンの底をきれいに拭いてサラダ油を足し、野菜を炒めたら取り出しておきます。
フライパンの底をきれいに拭いたら砂糖、醤油、酢、水、鶏ガラスープの素を入れて、煮立ったら豚肉を戻して少し煮ます。野菜も戻して全体がなじんだら水で溶かした片栗粉を回し入れてとろみをつけて出来上がりです。
シンプルな材料とシンプルな作り方でおいしく作ることができます。ばらばらのものを丸めることで塊っぽく見せることができますし、ボリュームができるのがいいです。