筋肉をつけるなら肉を食べることが重要

筋肉トレーニングをする場合にはタンパク質を適切に摂取することが重要です。一般的に筋肉を維持するためには、毎日自分の体重と同じグラム数のタンパク質が必要とされています。例えば体重が60キログラムの人の場合には、1日あたり60グラムのタンパク質を摂取する必要があります。さらに筋肉トレーニングをしている人の場合には自分の体重の2倍のグラム数のタンパク質が必要とされます。体重が60キログラムの人ならば1日あたりの摂取量は120グラムです。特に大きな筋肉を作る必要があるボディビルダーの場合には良質なタンパク質の摂取が重要となります。筋力をアップするトレーニングと筋肥大を起こすトレーニングには大きな違いが存在します。人間の身体には様々な筋肉がありますが、筋力をアップするには限界に近い負荷をかけることが必要です。しかも繰り返し負荷をかけるのではなく1回から3回ほどの負荷をかけます。逆に筋肥大を目的とする場合には中程度の負荷を7回から10回ほどかけることになります。弱い負荷を繰り返しかけるトレーニング方法では筋力を維持することはできますが、筋力アップや筋肥大はしません。負荷のかけ方によってトレーニングの効果には大きな違いがありますが、肉など良質なタンパク質の摂取や休養が重要となる点では共通しています。
【ヘルシーな羊肉!マトンとラムの違いは?栄養価とレシピも紹介】も併せてご覧ください。
筋力トレーニングを効果的に行うならばある程度の休養をとることも重要になります。トレーニングによって筋繊維が壊れると回復しさらに成長するまでに一定の時間が必要です。身体の部位によって回復と成長に必要な時間は異なります。より大きな部位ほど多くの時間が必要です。例えば大胸筋や広背筋、ハムストリングスなど大きな筋繊維は回復までに72時間ほどの時間が必要とされます。上腕二頭筋や上腕三頭筋、大腿三頭筋などは48時間です。腹直筋や外・内斜筋は24時間で回復します。筋力トレーニングを効果的に行うには肉などの良質なタンパク質をしっかりと摂取して、それぞれの部位に必要な休養をとることが求められます。
身体を作り健康を維持するためには肉などの良質なタンパク質が不可欠です。タンパク質は身体を作るだけでなく神経伝達物質の材料にもなります。タンパク質が不足すると精神にも大きな影響があるので注意が必要です。タンパク質には肉のように動物性のものもあれば大豆のような植物性のものもあります。様々な栄養素をバランスよく摂取することが健康を維持するためには重要です。