肉の臭みはひと手間加えて

牛肉を使用した料理は、非常に美味しいですが簡単には食べることができません。しかし、外国産の牛を使用することで安くたくさん牛肉を使った料理を作ることができます。
外国産牛は、主にオーストラリアやアメリカ産のものがたくさん売られています。しかし、国産牛とくらべるとその臭みが気になります。肉の臭みの原因は、食べ物によって大きく変わります。牛は主に、牧草や穀物飼料を食べて出荷されていますが国産の牛は牧草を食べているため臭みがあまりありません。外国産の牛は、牧草を食べているためこれが臭いの原因になるのです。そのため、松坂牛はビールを飲ませたり国産の牛は飼料にお米をブレンドしたりと非常に食べるものにこだわっています。そのため、臭いがなくとても美味しいお肉ができるのです。他にも、コスト削減の為肉を大量に仕入れることによって安い肉を市場に出しています。安いものは、特に臭みが強くそういったものも混ざっているため臭いが発生してしまいます。
ですが、家庭内で高級な牛肉を食べられる家庭は少なくやはり外国産の牛肉を使用する家庭がほとんどです。しかし、この臭みを料理法によって消す方法があります。一つは、煮込み料理にする場合調理前にお酒やワインと一緒にハーブやスパイスと一緒に半日から1日漬け込みます。このアルコールやスパイスは臭いを消してくれる優れもので、このアルコールは煮込む際にも一緒に使用することができるため捨てることがないため一石二鳥です。ステーキなどの焼く料理には、牛乳やヨーグルトに半日から1日付けておくことで臭いを取るだけではなく肉を柔らかくしてくれる効果もあります。料理を行う前にはしっかりと水分を拭き取って調理を行えば十分です。他にも、フォークで刺したものにおろし玉ねぎに付けておくという方法もあります。玉ねぎには、プロテアーゼという酵素があり、こちらがたんぱく質を分解し臭いや硬さを和らげてくれるという効果があるのです。また、食用の重層につけるなどの方法もあり自分が食べたい調理によってたくさんの方法があります。ただし、重層はうまみも流出しやすいため注意を払って行う必要があります。
これだけ調理法がありますので、たくさん購入して調理する分を冷凍して使用するということもできます。臭みが気になって、牛を使った料理をする機会が少なかったという方は試す意味でも一度これらの方法をしてみるのをおすすめします。
こちらもおすすめ→ヨーロッパでは日常食!ウサギの特徴や食べ方&よく合うワイン3選