肉の臭いを取り除く色々な方法がある

肉には国産と外国産のものがあります。
ですが外国産の肉は臭いが強いといいます。安くてもおいしく食べるためには外国産の肉の臭いを消しておいしくする方法を知っておくことで安くてもたくさんのおかずを作ったり、食べることができます。外国産の臭いを消す方法は色々とあります。お得な肉を大量に購入したけれど食べるときや調理をするときに気になるという場合はきちんと下処理しておくことで日持ちもします。旨みを逃さないように注意することが大切です。

ハーブやスパイスに漬け込むことでおいしいものを食べられるだけではなく、気になる臭いを取り除くことができます。
煮込み料理にするときには煮込む前にお酒やワインとともにブーケガルニ、ブラックペッパーなど肉との相性がいいハーブやスパイスに半日から1晩ほど漬けておくといいです。漬け込むことでおいしく味が染み込みます。ブーケガルニとはローリエやパセリ、セロリ、タイムなどのいわゆる香草といわれるものを数種類束ねたもののことです。ハーブを使った肉料理と言えば「ソーセージ9種類解説とカロリーチェック!本当に旨いソーセージ3選も」が参考になります。

牛乳に漬け込むというのもいいでしょう。牛乳に肉を半日から1晩漬ける、もしスライスされているものならもう少し短い時間でも漬けるだけでも取り除くことができます。また牛乳には肉を柔らかくする効果もあるのでおすすめです。同じような効果でヨーグルトに漬け込むという方法もあります。ヨーグルトに漬け込むのならタンドリーチキンを作ってもおいしいです。カレー粉やスパイスなどを一緒に入れて漬け込むことで柔らかく、臭いが気にならないおかずを作ることができます。

おろしたまねぎに漬けるのもいいです。たまねぎのプロテアーゼという酵素がたんぱく質を分解して硬さや臭いを和らげることができるのでおすすめです。このとき肉全体にフォークなどで刺し穴をあけ、酵素は浸透するように下ごしらえをしておくといいです。日本酒やにんにく、ブラックペッパーなどの香辛料を加えて下準備しておくことでもっと美味しくすることができます。
たまねぎ以外にもパイナップルやキウイにもこの酵素があるので漬けてみてもいいでしょう。
味付けと柔らかくおいしくすることができる効果を期待することができるので漬け込んで取り除くという方法はとてもおすすめできる方法だといえます。漬け込む前にはきちんと皮を取り除いたり、すじを取ったり、刺し穴をしておくといった下ごしらえをするとさらに柔らかくおいしくなるのでできるだけ下ごしらえの大切さを忘れないことです。