肉食による血糖値の増加

肉食を中心に食事のメニューを組む人は多いと思います。和食といえば魚がメインに据えられることが多いですが、近年の外国食文化の発展により高カロリー食、肉食が多く取り入れられるようになりました。また、肉は基本的に単価が安く、グラム数換算で安価で手に入れられるものが多いです。さらにどの動物から取られるかも重要で、牛、鶏、豚など様々な種類があり、そのものに応じた料理があるので、これらにこだわることも重要になってきます。
しかしこうした高カロリー食は血糖値の増加に深刻な問題を引き起こします。血糖値増加は高血圧や高血糖、様々な現代の重病に深く関与してきます。つまり過度な肉食は推奨されません。ただ適度に楽しむ分には肉は栄養価が高く、高タンパクによる身体の筋力増強、また脂肪分による体力増強が期待されます。
そこで肉食を楽しみたい方に業務用の肉を仕入れるという方法があります。今業務用スーパーというのが日本各地に跋扈しています。業務用スーパーでは業務用、つまりサイズの大きな商品を販売している場所です。これらは元々所謂アメリカンサイズ、つまり外国の大きなサイズに準えたものでもあり、また世帯の大きな家族向けに作られた場所でもあります。このような場所はサイズが大きいだけでなく、一つ一つの単価がとても安いために、昨今この業務用スーパーで買いだめをする消費者は大変多いです。「業務用輸入豚肉の仕入れ・卸売・通販は食らぶ市場へ」も、利用する人が増えています。

この業務用スーパーで肉の購入を検討することは賢い消費者といえるでしょう。何故ならグラム数に応じて値段が変動する商品に関しては大変お得な買い物ができるからです。肉の場合、一般的な相場は100グラムあたり100円ほどが大体の相場です。勿論地域によって差は生じますが、あくまで都心や都市郊外ではこのくらいの値段です。しかし業務用スーパーで同じものを購入した場合、100グラムあたり50円ほどで購入することができます。このように通常相場の半額で仕入れられるなどということが簡単にできるのがこの業務用スーパーの強みなのです。
こうした業務用スーパーの利用は消費者だけに留まりません。仕入れという名目から飲食店の経営者も積極的に利用する場所となっています。こうした場所の積極的な利用は仕入れ値ダウンとともに利益の差額分が上がるために、全体の売り上げ上昇と同等です。こうした賢い仕入れや利用が昨今の経営の要となっています。是非とも積極的に利用していきたい場所です。